貴方ご自身のお墓。守ってくれる方はいますか?

はじめての方も安心のお墓プラン

春日野墓地では、ご利用者のご希望にあわせて“墓地納骨”と“墓堂納骨”の制度を設けています。
春日野墓地にお墓をもたれる方は、同時に協会員になっていただくことになっており、 永代使用料・永代管理費(維持会費と呼んでいます)以外に入会金その他、特別な費用のご負担はありません。墓地納骨、墓堂納骨制度は次のようになっています。

新しくお墓を建てたい方へ(墓地納骨)

永代使用料
1㎡:105万円
管理費(年間)
○3㎡未満      5千円
○3㎡以上 9㎡未満  7千円
○9㎡以上      1万円

平成25年度入会者から上記の金額が適用されることになりました。

新しくお墓を建てるまでの流れ

永代使用権

墓碑を石材店に発注

埋火葬許可書を提出

お墓に納骨

ご事情に合わせたお墓のプランをお選びいただけます。

お墓をお建てにならない方へ(墓堂納骨)

様々な事情でお墓を建てない方に最適です。毎年、協会が慰霊祭を行います。

永代使用料・永代管理料
永代法要料・墓標代
全部含めて35万円

お墓をお建てにならない方の流れ

春日野墓堂の使用権を協会から取得する

埋火葬許可書を提出

墓堂に納骨し、墓標を納めます

毎年、協会が慰霊祭を行います

慰霊祭

遺骨は個々に木綿製の納骨袋に収め、春日野墓堂の地下納骨室に安置します。

ご遺骨は、納骨された以後はお返しすることはできません。

ステンレス製墓標(墓碑銘、法戒名、俗名ほか彫刻入り)を春日野墓堂に安置します。
別注で写真や家紋を入れることもできます。

墓参の手順
  1. 受付機でレシートを差し込みシャッターを開けます。
  2. 墓堂でタッチパネルを押して墓標箱の取出しを指示します。
  3. レシートを所定の場所において読み取らせます。
  4. 出てきた墓標箱から指定の墓標を取り出します。
  5. モニュメントの礼拝台の上に墓標を安置しお参りします。
  6. お参り後再度レシートを読み取らせ墓標を墓標箱の指定の場所に納めて返却を指示します。

春日野墓地の特徴

春日野墓地とは

寛永時代から400年近く、由緒ある市街地墓地

春日野墓地は徳川家光治世の寛永年間から現在の神戸市中央区内の7か村 ―熊内村、中尾村、筒井村、生田村、中村、脇浜村、小野新田村―の共同墓地として 発足し、今日迄400年近い歴史を有します。昭和49年11月に、それまでの各地区世話役による運営を組織化し、神戸・春日野墓地協会として発足しました。

平成15年には、神戸・春日野墓地文化協会と改称し、平成16年11月をもって協会発足30周年を迎えました。平成19年7月に春日野墓地協会とさらに改称しました。
現在、墓地面積 17,000㎡、墓域総数 2,100区画、会員数約2,000名に及んでいます。

寛永年代から

春日野墓地の新しい試み

無縁墓をなくす“春日野墓堂”

世の中、少子高齢化が進んだためかお墓を引き継ぐ人がいなくなり、いわゆる無縁墓地が増える傾向にあります。しかし、せっかく春日野の地に縁を得たお墓が消えてしまうことは残念です。 そこで、春日野墓地協会ではそのような無縁墓地を“春日野墓堂”に改葬し、既存の墓碑のミニチュア墓標(ステンレス製)を作成、協会で慰霊祭を厳修しつつ末永く供養してゆくことにしました。これで実質的に無縁墓地はなくなったと考えています。

永代供養墓(春日野墓堂)

春日野墓堂では、無縁墓の改葬以外にご希望があれば返還墓の改葬(無料)も受け付けております。また、さまざまな事情でお墓をお建てにならない方の合葬供養墓としてもご利用(有料)いただけます。いずれの場合も、協会で毎年慰霊祭を行い、末永く法要を営みます。

春日野墓地の新しい試み

南に広がる景色は神戸港を一望できる大パノラマ

春日野墓地は神戸市中央区中島通5丁目1-1、神戸労災病院の西北にあり、神戸港を一望に納める南向斜面に広がっています。その一角に管理事務所と休憩所をかねた春日野会館があります。風光明媚な立地に加え、三宮からバス約12分、バス停より徒歩約3分の交通至便な場所にあります。

墓地を運営する春日野墓地協会は、春日野墓地にお墓をもっておられる方々が会員となって構成され、会員から選出された理事、監事によって会則および諸規則に基づいて公正かつ厳格に運営されています。協会会長が“墓地埋葬等に関する法律”の墓地管理責任者になっています。協会が運営主体ですから、会員は誰でも運営に参加できます。また特定の宗教、宗派にかかわらずご利用いただけます。

ご利用者の声

春日野墓地協会 会員の皆様のお便りをご紹介いたします。

「思い出」

昭和25年頃、兄、姉、私の3人でお盆の時分に墓参りに行き、生い繁った雑草の中、墓を発見できず家に戻り、親に叱られた経験があります。 最近の美しい素敵な墓地には感謝しています。

「故人の思い出」

父は軍属としてレイテ沖で戦死したため、墓地に遺骨はない。瀬戸内の海も海峡をわたると太平洋に続いている。父はきっと、きらめく神戸の海に帰っていると思いながら海を眺めている。

「夫人がやさしく抱いてキスをしてくれた」

神戸港には第二次大戦直前、日米通商条約破棄に伴い、最後の客船で帰る米人夫妻を見送りに行った時、夫人がやさしく抱いてキスをしてくれたことが思い出されます。今後も美しい墓地が永く続きますことを念じています。

「父母と詣で、今、孫と」

孫が生まれ孫と共に墓参、車中でご先祖のことを話す。墓地は樹木が取り払われ、日陰もなく蚊も居ない。すっきりしているが、墓地のイメージではない。孫から、「おじいちゃん、おばあちゃん、いつなくなるの」と言われ唖然としている。

「この地に建立されたことを誇りに思います」

高台から眺める神戸、灘浜の海も一望でき、すばらしい風景のもとに、360年余の歴史ある春日野墓地にご先祖様が建立されたことを誇り、感謝し、ご先祖様や多くの精霊、眠る方々のご冥福をお祈りいたします。

「安心の永代供養」

今年から『春日野墓堂だより』を送っていただき、年間3回行われる慰霊祭の日程も決まっており、よく管理された運営に感謝しております。
ここでしたら亡き主人も喜んで眠っていることと思います。

春日野墓地協会について

名称
春日野墓地協会
目的
春日野墓地・墓堂の運営管理
役員
理事:会長兼墓地管理責任者ほか10名、監事:2名
事務局
1~2名
会員数
約2,000名
墓域
面積 17,000㎡ 区画 2,100区画
春日野会館
鉄筋コンクリート造 3階建。事務所、会議室、休憩所
住所
神戸市中央区中島通5丁目1-1
電話
078-241-3001(代表)
FAX
078-241-3262
メール
kasuganobochi@tune.ocn.ne.jp

春日野墓地協会概要(平成26年4月現在)

春日野墓地協会 会則ダウンロード

資料

春日野墓誌

墓地を民族的な歴史文化とする観点からまとめた、貴重な資料です。

協会からのごあいさつ

春日野墓地は春日野墓地協会が維持管理しています。
当協会は、春日野墓地にお墓を持っておられる方々が会員となって構成され、通常総会で、会員から選出された理事・監事が事務局員と協力して、霊園の運営管理と会員の利便向上のために努力している非営利団体です。
相互扶助組織ですから役員は全員、非常勤で力をあわせて活動しています。

私たちの願いはただひとつ、春日野墓地を永代に守り、ご先祖様に感謝と慰霊の念をささげ、その思いを会員の皆様とともどもに胸に抱いていくことです。皆様方のご入会をお待ちしています。

アクセスマップ

●市バスで 「野崎通3丁目」 下車 徒歩約3分
三宮(地下鉄三宮駅前)から ②系統 阪急六甲行⇒約12分
新神戸(布引)から ②系統 阪急六甲行⇒約5分
阪急六甲から ②系統 三宮神社行き⇒約14分
●タクシーで
三宮駅前から ⇒約7分
新神戸駅から ⇒ 約3分
●車で
阪神高速『生田川』を北へ。布引の先を東へ。
『労災病院前』を北へ春日野会館(駐車4台)。

TOP